盗難対策はバイク盗難保険

バイクは自分で守るしかない、だからバイク盗難保険で守る

JBRバイク盗難保険のプラン内容・補償回数・ロードサービス・価格まとめ

JBR盗難保険を取り扱っているJBR Motorcycle株式会社はHONDA、SUZUKI、YAMAHAなどの国内バイクメーカーのオフィシャルパートナー企業です。

また、国内メーカーだけではなく海外バイクメーカーともオフィシャルパートナーを結んでおり、各パートナー会社から高い評価を得ている会社です。

JBRの「バイクよくばりあんしん倶楽部」は2014年にサービスを一新し、「ZuttoRideClub」と名称変更になりました。

それに伴い商品改定と更新が行われました。

従って「新ZuttoRideClub」は以前の「旧バイクよくばりあんしん倶楽部」とは異なるサービス内容になっています。

このページの徹底解説は長文のため手軽に知りたい人は「バイク盗難保険のサービス内容を簡単にわかりやすく教えて」のほうをご覧ください。

吹き出し用

盗難保険「ZuttoRideClub」の特徴

JBR盗難保険「ZuttoRideClub」の特徴は盗まれたバイクと同等のバイクを再度購入できるだけの保険金が受け取れます。

それに年齢や等級、免許証の色に関係なく、いつでもインターネットから簡単に申込みする事ができます。

申込みは一部の盗難被害が多いホンダCBX系以外であれば新車や中古車(旧車)、国産・外車、逆輸入車の制限はなく、どこのお店で購入したのかも関係ありません。

通常、バイクの盗難保険はバイクメーカーから新車購入時にオプションとして加入できる盗難保険が一般的になっています。そのため、友人から譲り受けたバイクやオークションで手にいればバイクは盗難保険に加入することが出来ません。

だからバイクの盗難保険はJBRがすごく評価されています。

インターネットからすぐに申し込めて保険料入金の翌日0時から盗難保険がすぐに適用されるのでバイクの盗難未遂に遭ったのでバイクの事が心配ですぐに手を打つ手段としても有効です。
(※銀行決済のみ銀行を経由するので翌々日に盗難保険が適用)

特徴をまとめると
  • いつでもネットから契約できる
  • バイクメーカーは問わない
  • 新車でも中古車でも加入可能 注1
  • 契約は1年単位で無駄がない
  • 支払い方は多種多様に対応 注2

注1 盗難被害が多いホンダ製CBX400F(NC07 : 1型2型)、CBX400カスタム(NC11)、CBX550F(PC04)の国内モデル・逆輸入車だけはJBRの盗難保険「ZuttoRideClub」へ加入できません。

注2 支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ決済、銀行決済に対応しています。

盗難保険「ZuttoRideClub」の加入プラン

JBR盗難保険の加入プランは3つの「バイクライフ充実パック」、「盗難保険」、「ロードサービス」から成り立ちます。

  • バイクライフ充実パック:「バイクライフ充実パック」
  • ロードサービスプラン:「バイクライフ充実パック」+「ロードサービス」
  • バイク盗難保険プラン:「バイクライフ充実パック」+「盗難保険プラン」
  • フルサポートプラン:「バイクライフ充実パック」+「ロードサービス」+「盗難保険プラン」

ロードサービスは「加入する・加入しない」を任意で選べるようになっており、盗難保険は見積もり段階で入力したバイクの年式と車種で加入できるプランのみしか表示されません。

従って、加入したいものだけを選択して選ぶ事になるため、自由にカスタマイズして加入プランを決める事が出来ます。

また、カスタマイズに応じて保険料(年会費)も同時に表示されるので選びやすくなっています。

バイク盗難保険プラン

バイク盗難保険プラン

JBRのバイク盗難保険プランは「バイク本体の盗難」、「パーツ盗難」、「カギ穴いたずら」の3種類をサポートしている保険です。

JBR公式サイトにはバイクが盗難されたら最大300万円まで補償と書かれていますが、盗難保険プランは「盗難5プラン」から「盗難300プラン」まであり、加入するプランによってバイクが盗まれた時の補償金額である「車両盗難保険金額(上限)」が変わります。

従って、自分に最適なプランを選択して加入することになります。

どの盗難保険プランがいいのかわからなくても見積もりの段階でバイクの車種と年式を入力すれば、自動で「JBR-M盗難補償システム参考査定価格表」を参考してご自身が乗っているバイクの査定額を基準にいくつかの盗難保険プランが提示されます。

盗難保険プランが提示されるのはバイクの査定額(例:10万円)と補償額(例:300万円)に差がありすぎると悪用が簡単に出来てしまいますからね。

バイクの査定価格は常に変動するので「JBR-M盗難補償システム参考査定価格表」は毎年4月と10月の年2回改定して常に最新の情報になっています。

ここで一つ注意してください。

バイクの査定額は自分のバイクに適した盗難保険プランを決めるために利用するもので盗難時の補償額を決めるものではないことを留意してください。

バイク盗難保険プランの補償回数

バイク本体の盗難は1回のみの補償となります。同時に保険契約はパーツ盗難、カギ穴いたずら補償を含めてすべて終了となります。引き続き盗難保険を利用する場合は再契約が必要です。

盗難後に保険金が支払われる前にバイクを発見した場合は、保険金額を上限とした修理費が支払われるので、修理費が保険金額の上限に相当する額を超えなければ引き続き継続して盗難保険を利用できます。

パーツ盗難とカギ穴いたずら補償は利用しても契約はそのまま継続します。

ただし、カギ穴いたずら補償は1年に1回のみの補償となります。パーツ盗難補償は盗難に遭っても保険金額の残高を次回の盗難時に持ち越せます。

バイク盗難保険プランの内容

プラン名 年会費 期間 車両盗難 自己負担金 パーツ盗難 カギ穴いたずら
盗難5 3,100円 1年間 5万円 5% 2万円 2万円
盗難10 4,100円 1年間 10万円 5% 2万円 2万円
盗難15 5,700円 1年間 15万円 5% 2万円 2万円
盗難20 7,200円 1年間 20万円 5% 2万円 2万円
盗難30 11,300円 1年間 30万円 5% 5万円 3万円
盗難40 14,400円 1年間 40万円 5% 5万円 3万円
盗難50 17,500円 1年間 50万円 5% 5万円 3万円
盗難60 20,600円 1年間 60万円 5% 10万円 3万円
盗難70 23,700円 1年間 70万円 5% 10万円 3万円
盗難80 26,700円 1年間 80万円 5% 10万円 3万円
盗難90 29,800円 1年間 90万円 5% 10万円 3万円
盗難100 32,900円 1年間 100万円 5% 20万円 5万円
盗難120 38,100円 1年間 120万円 5% 20万円 5万円
盗難150 46,300円 1年間 150万円 5% 20万円 5万円
盗難180 55,500円 1年間 180万円 5% 20万円 5万円
盗難200 60,700円 1年間 200万円 5% 20万円 5万円
盗難250 76,100円 1年間 250万円 5% 20万円 5万円
盗難300 91,500円 1年間 300万円 5% 20万円 5万円

ホンダ製CBX400F(NC07 : 1型2型)、CBX400カスタム(NC11)、CBX550F(PC04)の国内モデル・逆輸入車だけはJBRの盗難保険「ZuttoRideClub」に加入できません。

参考JBR盗難保険「ZuttoRideClub」.pdf

年会費高くない?!

盗難300プランを見ると年会費(税込)が91,500円とかなり高額です。

加入する価値があるのか疑問に感じる方もいるでしょうが、盗難300プランの保険金額(300万円)だと約33年に1回の盗難で年会費の元が取れます。

33年間も無盗難であればそれは逆に嬉しい事ではないでしょうか。

もし、盗難されれば300万円の保険金額が下りるので年会費もプラスになって返ってきます。

他の盗難プランでも20-30年に一度の盗難で年会費の元が取れる計算になっているので年会費の金額は妥当なものと言えます。

盗難保険の免責金(自己負担額)について

JBR盗難保険は現金で保険金が支払われます。

ただ、バイク本体が盗難後に盗難保険を申請して補償受ける際には免責金(自己負担額)が必要です。

従って受け取る保険金は、保険金から免責金を差し引いて残った金額になります。

免責金は保険会社が支払うべき保険金額を一部免除し、自己負担する金額のことなので免責金があると損した気分になりますが、免責金があることで保険会社は保険料をかなり抑えて提供できるので総合的にお得です。

JBRの免責金は、盗難補償額とJBR-M参考審査価格表のどちらか低い金額の5%となっています。

車両盗難以外の「パーツ盗難」と「カギ穴いたずら補償」の盗難保険の申請については、免責金は必要ありません。

バイクライフ充実パックの内容

  • バイクライフ充実パック:「バイクライフ充実パック」
  • ロードサービスプラン:「バイクライフ充実パック」+「ロードサービス」
  • バイク盗難保険プラン:「バイクライフ充実パック」+「盗難保険プラン」
  • フルサポートプラン:「バイクライフ充実パック」+「ロードサービス」+「盗難保険プラン」

どの加入プランにも必ず付いている「バイクライフ充実パック」。

バイクライフ充実パック(必須)は1年間で年会費1,200円(税込)。

何で加入しないといけないのか疑問があるけど、加入必須になっています。

所謂、加入特典の位置づけ。
すべて「マイ819(会員ページ)」で確認できます。

バイクライフ充実パックの加入特典は、以下の6点です。

  1. レジャー・宿泊施設割引
  2. イベント優待
  3. 陸送割引
  4. プレゼント抽選(月1回)
  5. バイク雑誌プレゼント
  6. 入院お見舞金(3万円)

レジャー・宿泊施設割引

全国12,000ヶ所以上のホテルや旅館などの宿泊施設を割引価格で利用する事ができます。また、ツーリングで羽を伸ばせる温泉施設や休日を満喫できるレジャー施設などの優待サービスがあります。

利用できる割引施設の確認はJBR盗難保険のご契約内容などを確認できる「マイ819(会員ページ)」に詳しく情報が載っています。

イベント優待

全国各地で開催されるツーリングミーティングやサーキット走行会、レースなどのイベント会場で会員特典をプレゼント。

陸送割引

株式会社BASが提供するバイク輸送が10%割引で利用可能です。バイク輸送は長距離の引越やツーリング目的で行く北海道や沖縄などにバイクを運ぶ際に役立ちます。

プレゼント抽選(月1回)

毎月1回のバイク用品やお役立ちグッズが当たるプレゼント抽選会を開催。また、年に1回ある「バイク本体」が当たるプレゼント抽選会も参加できます。

例として2015年版プレゼント抽選だと、

1月 モバイル充電器「チャージアンドスターター」 抽選5名

2月 シャープ プラズマクラスターイオン発生器 抽選5名

3月 宮崎牛 サーロインブロック1kg 抽選6名

4月 首部エアバックシステム ハーネスタイプ「NW」 抽選3名

5月 超小型アクションカメラ「ポラロイドキューブ」 抽選5名

6月 ヘルメット用ベンチレーションライナー「エアヘッド」 抽選20名

7月 JBR加盟店バイクショップで使える10万円分クーポン券 抽選3名

8月 バイク専用ドライブレコーダー「BDR-2 Wifi」 抽選2名

9月 バイク用ワイヤレスインカム「B+COM SB5X」 抽選2名

10月 ダイソン ハンディ&布団クリーナー 抽選2名

11月 KTC 9.5sq.ソケットレンチセット[12点] 抽選5名

12月 CTEK バッテリーチャージャー&メンテナー「MXS5.0JP」 抽選5名

と、意外と豪華なプレゼントが当たります

バイク雑誌プレゼント

株式会社バイクブロスが出版する電子雑誌「Bikebooks」が年1冊無料となります。電子雑誌の価格は1冊あたり約400円~1,000円程度の価値があります。

ダウンロードした電子雑誌はPC、スマホ、タブレットで見ることができます。PCの場合はAdobe Flash Player を用いてブラウザ上で読むことができます。

スマホ、タブレットで見るときは「Google play」、「App Store」から電子書籍リーダーのActiBook(アクティブック)をダウンロードする必要があります。

入院お見舞金(3万円)

JBR会員が公道をバイクで走行中に事故して10日以上の入院をしてしまったら一律3万円の入院お見舞金がJBRから貰える。

ロードサービスプランの内容

プラン名 年会費 加入期間 無料搬送距離
ロード50 4,700円 1年間 50㎞
ロード100 6,700円 1年間 100㎞
ロード無制限 8,700円 1年間 無制限

参考JBR盗難保険「ZuttoRideClub」.pdf

ロードサービスプランは3つのレッカー搬送距離によって年会費が変わります。

近年では任意保険にロードサービスが付帯しているのが当たり前になっているので、任意保険でしっかりとロードサービスを考えている方は必要ないかもしれません。

ただ、JBR Motorcycle株式会社は日本初の全国バイク専門ロードサービスとして1997年2月に創業しているのでロードサービスの質は高く、海外進出も果たしているのでJBRのロードサービスが悪いというわけではありません。

ロードサービスの特徴

ロードサービスはプラン(無料搬送距離)に関係なく何回でも利用する事ができます。

ロードサービス利用の搬送先は「ご指定のバイクショップ」、「JBR加盟店バイクショップ」、「ご自宅(原則はバイクショップ)」のいずれかまで搬送となっています。

レッカーサービスは搬送距離にかかわらず有料道路を使用する場合があり、お客様が有料道路の不使用を指定する事ができません。

しかし、有料道路の通行料金はお客様負担となります。

また、ロードサービスプランで「ロード無制限」以外のプランに加入している場合に無料搬送距離を超過したときには「超過540円/km」の金額を負担する必要があります。

従って、無料搬送距離をしっかりと考えて加入することを強くおすすめします。

ロードサービスの5特典

ロードサービスには5つの特典が付帯しています。

この5つの特典はすべてのロードサービスプランでご利用頂けます。

  • 24時間365日サポートセンター
  • 現場救急対応(30分以内は無料、部品代は別途有料)
  • カギ開け(カギ作成は別途有料)
  • ガス欠(ガソリン代は有料)
  • バッテリー上がり(ジャンピング作業にて対応 注1

注1他のクルマから電気を一時的に分けてもらうことでエンジンを始動させること。

フルサポートプラン

フルサポートプラン

「バイクライフ充実パック」、「ロードサービスプラン」、「バイク盗難保険プラン」が一つになったバイク乗りのための最強プランです。

フルサポートプランの補償内容は各プランと同様になっていますが、年会費が数千円ほど安くなっているのでお得です。

バイクライフ充実パック

  • レジャー・宿泊施設割引
  • プレゼント抽選
  • イベント優待
  • バイク雑誌プレゼント
  • 陸送割引
  • 入院お見舞金

ロードサービスプラン

  • 24時間365日サポートセンター
  • レッカーサービス
  • 現場救急対応
  • カギ開け
  • ガス欠
  • バッテリー上がり

バイク盗難保険プラン

  • バイク盗難保険
  • パーツ盗難保険
  • カギ穴いたずら補償

盗難保険金が支払われない条件

JBR盗難保険は「ある特定の条件下」での盗難は保険金を支払わないとしています。

公式サイトのQ&Aには、以下のように書いてある。

  • 加入者の故意または重大な過失がある場合
  • 加入者でない者が保険金の全部または一部を受け取るべき場合においては、その者またはその者の法定代理人の故意または重大な過失がある場合
  • 加入者の親族等が自らなし、または加担した盗難
  • 地震・津波・噴火・風災・雪害その他天災の際における盗難
  • 火災・爆発・放射能汚染の際における盗難
  • 窃盗または強盗のために生じた火災または爆発による損害
  • 盗難発生後60日以内に覚知することができなかった盗難
  • 万引きその他収容場所に不正に侵入しなかった者によりなされた盗難。ただし、その者が暴行または脅迫した場合は、この限りではありません。
  • 車両本体の盗難が未遂となった場合の損壊 等

このように書かれているけど、ちょっとわかりにくいですよね。

わかりにくい一部だけ抜粋して解説します。

加入者の故意または重大な過失がある場合

「加入者の故意または重大な過失がある場合」、この一文にはロックしろと書いてはいませんが、盗難を警戒するために盗難保険に加入しているわけですから、バイクは盗難されるものと予測できています。

従って、予測できるのにロックを行わないのは注意を怠ったとして過失と見られても仕方がありません。

なので、ハンドルロックともう一つ何でもいいのでロックを付けていれば重大な過失とは見られないので問題ありません。

万引きその他収容場所に不正に侵入しなかった者によりなされた盗難。ただし、その者が暴行または脅迫した場合は、この限りではありません。

不正に侵入しなくても盗難できる場合のことを指していますから、路上駐車などの私有地以外の場所に駐車していて盗まれてしまったときは”補償なし”と書かれています。

アパートの駐車場やコンビニの駐車場などであれば私有地の敷地内となるので万が一盗まれた場合には「不正に私有地に侵入して盗難された」となります。

コンビニの駐車場は誰でも通れるので私有地の感覚がない方もいますが、立派な経営者の私有地で何時間も無断駐車すると不法侵入と営業妨害で訴えることが可能ですよね。

従ってコンビニの駐車場でも私有地の敷地内になります。

車両本体の盗難が未遂となった場合の損壊 等

バイク本体が盗難未遂の状態で損壊を受けた場合は車両保険(任意保険の一部)の分野にあたるので盗難保険で請求する事はできません。

盗難未遂だけではなくバイクに悪戯されてバイクシートが切られたり、ミラーを折られたりしても盗難保険の補償対象外です。

これらは本当にバイク乗りにとって厄介です。

車両保険は任意保険でありますが、バイクは事故率が高いので車両保険の掛け金が高く設定されていますからね。

カスタムパーツの補償で支払いを拒否

パーツ類の盗難補償はQ&Aに書かれていませんが、「車両本体の盗難が未遂となった場合の損壊 等」と最後に”等”と書かれていますよね。

カスタムパーツは支払いを拒否されるケースがあります。

保険会社の言い分としては「本当にバイクに付けていたのか?」

あらかじめバイクに装備していた証拠写真や領収書を保管しておくと保険会社との話し合いがスムーズに進みやすくなります。

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」

警察の検挙率は11.2%と低く、大半のバイクは盗難されたら見つからない。だからこそ盗難保険で被害を最小限に抑えることがおすすめです。

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」はバイク本体の盗難に加えてパーツだけの盗難や鍵穴いたずらにも対応しています。

また、車種に関係なく、新車・中古車ともに入会可能でいつでも申し込みができます。見積もりの際にはメールアドレスなどの情報不要なので後で勧誘メールが来ることはありません。

車種・年式の調べ方
盗難プランの早調べ

 - バイク盗難保険