盗難対策はバイク盗難保険

バイクは自分で守るしかない、だからバイク盗難保険で守る

バイク盗難保険を比較して保険料が格安な会社を調べてみた

バイクの盗難保険に加入したいと考えている方に保険料が一番安いバイク盗難保険を紹介します。また、保険料の安さと一緒にサービス内容についても触れていきます。

バイクの盗難保険は主に4つに分かれています

  1. 業界唯一の誰でも加入できる盗難保険JBR「ZuttoRideClub」
  2. メーカー正規取扱店から加入する盗難保険(カワサキ以外は中身JBR)
  3. 任意保険に盗難保険が含まれている保険(チューリッヒ)
  4. 新車・中古車販売店の盗難保険(レッドバロン)

この4種類の中で保険料が格安なのは「(4)新車・中古車販売店(レッドバロン)」です。

レッドバロンはバイクの新規購入だと盗難保険の保険料がバイク購入金額の1%だから、例えば50万円のバイクだと保険料が5千円になる。

これはバイク盗難保険の中で格別に安い。(新規購入以外だと大きく変わります)

しかもこの保険料の安さで保険金額は「購入価格の全額」となっている。

だからかなりお得だと言える。

でもデメリットもやっぱりあって、レッドバロンのバイク盗難保険は店頭でバイクを購入しないと入れない。それに専用ロックを購入しないといけないので保険料とは別に費用が掛かります。

専用ロックは「BL-10」が排気量400cc迄で10,800円(税込)、「BL-10Ⅱ」が排気量400cc以上で21,600円(税込)。

専用ロックは使用期限が1年になっているのでレッドバロンの盗難保険に2年目も継続して加入するなら同じ専用ロックを再度購入して加入する事になる。

だから、結果的に「(1)JBR盗難保険「ZuttoRideClub」」が一番格安になる。あとサービス内容も一番いい。

他の「(2)メーカー盗難保険」と「(3)任意保険に含まれる盗難保険」は、JBRと比較にならない。

JBR盗難保険と「(2)メーカー盗難保険」

「(2)メーカー正規取扱店から加入する盗難保険(カワサキ以外は中身JBR)」は、JBRからバイク盗難保険の提供を受けて自社で独自の盗難保険に変更して提供しているわけだけど、基本的に改悪してある。

バイクメーカーのスズキはJBRと比較して最大補償額が低い。車両盗難が最大150万円だがJBRは最大300万円まで、パーツ盗難が最大10万円までだがJBRは最大20万円まで、カギ穴いたずら補償は同額の最大5万円までだ。

それにロードサービスに加入しなければバイク盗難保険に加入できないため、抱き合わせ商法で保険料が高くなってしまう。

ヤマハなんてもっと改悪されている。ヤマハはバイク盗難保険の加入条件に排気量が126cc以上と決められており、盗難保険の補償内容が再度購入資金に限定されている。

まだここまでなら再度購入資金が多少気になる程度だが、免責金がJBRの2倍になっている。

それにJBRと違ってパーツ盗難に対する補償が無い。本当にJBRから提供を受けているバイク盗難保険なのかと言いたくなる。

従ってメーカー正規取扱店で加入するバイク盗難保険に加入するならJBR盗難保険に加入したほうがいい。

JBR盗難保険と「(3)任意保険に含まれる盗難保険」

「(3)任意保険に盗難保険が含まれている保険(チューリッヒ)」は、盗難保険が任意保険に含まれているので任意保険とセットで加入しないといけない。

だから任意保険のサービス内容も一緒に考えないといけない。

幸いにもチューリッヒはバイクの任意保険が酷い内容ではないし、保険料も高く過ぎることはない。

それにロードサービスの条件も100kmまでは無料搬送してくれる上に宿泊費用や帰宅費用は無制限で補償してくれる。他にもうれしい特典がある点は満足できます。

しかし、チューリッヒのスーパーバイク保険(盗難時の臨時費用特約付)はバイクの盗難日から60日以内に代替車として新たに自動二輪車を購入しないと盗難補償を受けることが出来ない。

しかも保険金額が5万円。

盗難補償が無いよりはいいけど、5万円ならJBR盗難保険のほうが圧倒的に保険金額の面で優秀である。

いつでも加入できるのはJBRとチューリッヒ

  1. 業界唯一の誰でも加入できる盗難保険JBR「ZuttoRideClub」
  2. メーカー正規取扱店から加入する盗難保険(カワサキ以外は中身JBR)
  3. 任意保険に盗難保険が含まれている保険(チューリッヒ)
  4. 新車・中古車販売店の盗難保険(レッドバロン)

いつでもバイク盗難保険に加入できるのは「(1)JBR盗難保険」と「(3)チューリッヒ」しかない。

他の「(2)メーカー盗難保険」と「(4)レッドバロン」はバイク購入時に「盗難保険に加入しますか?」と誘われる。だから他店で購入したバイクを持っていっても盗難保険に加入できない。

「(3)チューリッヒ」はバイク盗難保険を目的として加入する保険ではないのでJBR盗難保険が保険料の安さとサービス内容も含めておすすめです。

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」

警察の検挙率は11.2%と低く、大半のバイクは盗難されたら見つからない。だからこそ盗難保険で被害を最小限に抑えることがおすすめです。

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」はバイク本体の盗難に加えてパーツだけの盗難や鍵穴いたずらにも対応しています。

また、車種に関係なく、新車・中古車ともに入会可能でいつでも申し込みができます。見積もりの際にはメールアドレスなどの情報不要なので後で勧誘メールが来ることはありません。

車種・年式の調べ方
盗難プランの早調べ

 - バイク盗難保険