盗難対策はバイク盗難保険

バイクは自分で守るしかない、だからバイク盗難保険で守る

グッドライダー防犯登録とバイク盗難保険の違い

グッドライダー防犯登録とバイク盗難保険の違いについて紹介します。

名称だけ見るとグッドライダー防犯登録とバイク盗難保険は同じような効力を持つ機能だと連想できますが、まったくの別物です。

グッドライダー防犯登録はバイクが盗まれたとき早期発見に役立つ。バイク盗難保険はバイクが盗難されたら補償される損害保険のこと。

もう少し詳しく知りたい方はお付き合いください。

グッドライダー防犯登録とは

グッドライダー防犯登録は、本来なら排気量別に運輸局や市区町村役場に登録されるバイクの登録情報を警察のコンピューターにも登録して不審車両(盗難バイク)の照会データとして活用します。

そのため長時間放置してあるような不審車両が発見されたときに、すばやく所有者の確認ができるためバイク盗難の早期発見に役立ちます。

以上で「グッドライダー防犯登録とは」を説明しました。

ここからは個人的な意見ですが、バイクにはナンバープレートがあるので盗難届を提出すれば不審車両の照会はナンバープレートで行えます。

そのためグッドライダー防犯登録は意味がありません。それに免許更新時の交通安全協会と同じでグッドライダー防犯登録の運営をしている二輪安全協会は警察の天下り団体なので効果は期待しないでください。

グッドライダー防犯登録に登録してもしなくてもたいして変わらないです。

でも、グッドライダー防犯登録の登録料は約1,000円で10年間も登録してくれるので金銭的に高いというほどでもないのでご自由にどうぞ。(少し偏見の強い文章になってしました)

バイク盗難保険

グッドライダー防犯登録に対してバイク盗難保険は、バイクが盗難されたときに同じバイクを買い直しできる程度の補償がある損害保険です。

現金で補償されるか、再度購入資金として補償されるかは盗難保険の種類によりますが、一般的なJBRのバイク盗難保険は現金で補償されます。

また、JBRの盗難保険はバイク本体の盗難以外にも(カスタム)パーツ盗難やカギ穴いたずら補償も付帯している盗難保険です。

保険期間は損害保険なので1年ごとの契約更新になります。バイクは経年劣化で市場価値が落ちるので保険金額と保険料の適正化を図るために1年と設定されています。

1年ごとの契約更新は利用者としてもバイクの市場価値が落ちて保険料を安くする機会になるので長期契約よりも有利になります。

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」

警察の検挙率は11.2%と低く、大半のバイクは盗難されたら見つからない。だからこそ盗難保険で被害を最小限に抑えることがおすすめです。

JBRのバイク盗難保険「ZuttoRideClub」はバイク本体の盗難に加えてパーツだけの盗難や鍵穴いたずらにも対応しています。

また、車種に関係なく、新車・中古車ともに入会可能でいつでも申し込みができます。見積もりの際にはメールアドレスなどの情報不要なので後で勧誘メールが来ることはありません。

車種・年式の調べ方
盗難プランの早調べ

 - バイク盗難保険